伝統歌舞伎保存会について

事業と財務

令和3年度 事業報告
 
令和4年度 事業計画
  【2022年度正味財産増減予算書】

I.令和3(2021)年度 事業報告

(令和3年4月1日~令和4年3月31日)

【I】歌舞伎の技芸の研修と伝承者養成

(1) 新人研修(国立劇場の養成事業)

日本芸術文化振興会(国立劇場)との協同事業として講師派遣などを行った。
2021年度に実施された歌舞伎関係の養成研修
・第25期 歌舞伎俳優研修 2年目(2年間) 2022年3月に1名研修修了
・第26期 歌舞伎俳優研修 1年目(2年間) 1名研修中
・第8期 歌舞伎音楽(長唄)研修 3年目(3年間)2022年3月に1名研修修了
・第24期歌舞伎音楽(竹本)研修 2年目(2年間) 2022年3月に1名研修修了
保存会は、国立劇場養成課と連携して、役員によるレクチャーを含め、カリキュラムの内容の充実を進めた。
また、令和4年度から開講する第27期歌舞伎俳優研修、第25期歌舞伎音楽(竹本)研修、第9期生歌舞伎音楽(長唄)研修の応募者の選考試験に協力した。

(2) 伝承者養成事業(既成俳優の研修事業)

例年の既成者研修はコロナウイルス感染拡大防止のために実施できなかった。

(3) 稽古費用等補助

名題および名題下俳優を対象に、各自が自主的に参加する日本舞踊と歌舞伎音楽(長唄、鳴物、竹本、常磐津、清元ほか)の稽古費用の一部を研修手当として補助した。
申請は39名、支給総額は2,554,000円であった。

(4) 研修発表会の開催

毎年、国立劇場(大劇場)で開催してきた伝統歌舞伎保存会研修発表会はコロナウイルス感染拡大防止のために開催できなかった。令和4年1月の国立劇場で実施すべく、稽古を開始したが、再度の感染拡大による緊急事態宣言により、やむなく中止した。

(5) 研修発表公演、勉強会への協賛

日本芸術文化振興会(国立劇場)が主催する研修発表公演「第27回 稚魚の会・歌舞伎会合同公演」(8/18~22)と「第23回 音の会」(8/13・14)、「第31回 上方歌舞伎会」(8/26~27)に協賛した。

【II】資料収集整理(記録作成と保存)

第二次世界大戦が終結した昭和20年(1945年)から現在までに活躍した歌舞伎俳優300名のプロフィールと舞台写真を掲載した『歌舞伎俳優名鑑-想い出の名優篇2021』のための資料調査、原稿の執筆と編集を行い、令和3年9月に刊行した。非売品。400部を掲載関係者と関係方面に無料で配布した。
また、歌舞伎で使われる黒御簾の下座唄や独吟・めりやす、唄浄瑠璃、大薩摩などの詞章を集大成した『芝居唄』を令和4年3月に刊行した。非売品。200部を関係方面に無料で配布した。

【III】普及事業

(1) 「小学生のための歌舞伎体験教室」

コロナウイルス感染拡大防止の対策を講じた上で、8月5日から10日まで実施した。
5日に国立劇場大稽古場で開講式を開催し、鬘と衣裳のワークショップを実施。6日には歌舞伎音楽(鳴物)の体験、7日は歌舞伎音楽(長唄三味線)の体験、8日は立廻りの体験を行い、併せて『盲長屋梅加賀鳶』の「勢揃い」の演技とせりふを稽古し、9日に国立劇場小劇場で舞台稽古、そして10日に発表会を開催した。

(2) 『かぶき手帖2022年版』を刊行した。

2022年版は令和4年1月2日付の発行となった。公益社団法人日本俳優協会、松竹株式会社との共同事業である。

(3)

コロナウイルス感染拡大防止のため歌舞伎公演が規模を縮小して開催され、不便を感じる歌舞伎ファンや一般の人たちに向けて、公益社団法人日本俳優協会と共同でYouTube公式チャンネル「歌舞伎ましょう」を開設し、俳優や音楽演奏家が自宅などで行った自主研修のトンボや立廻り、化粧、せりふや演技の稽古などの動画を制作し無料で公開した。

(4) 伝統歌舞伎保存会ホームページのリニューアル

歌舞伎の技芸の継承のための本保存会の活動をひろく一般に広報するためのコンテンツの充実と、当法人の情報公開などのために、ホームページの充実につとめた。

II.事業報告の附属明細書

特に記載する事項は無い。

令和4(2022)年度事業計画書

(2022年4月1日~2023年3月31日)

【基本方針】

本保存会の定款に定められた事業は、以下の通り。

第4条 この法人は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。

  1. 伝承者の養成に関する事業。
  2. 伝統的な歌舞伎の技芸の研修及び研究会、発表会等の開催に関する事業。
  3. 伝統的な歌舞伎に関する調査研究と記録作成及びその成果の公表に関する事業。
  4. 伝統的な歌舞伎に関する資料の収集整理に関する事業。
  5. 伝統的な歌舞伎を普及させるための事業。
  6. その他この法人の目的を達成するために必要な事業。

一昨年からの新型コロナウイルスの流行にまだ収束の見通しが立っていないが、それを踏まえた上で、上記の定款に則して、今年度に実施が可能な範囲で、対策を講じた上で、以下の通り事業を行う。

(1) 伝承者の養成に関する事業

日本芸術文化振興会(国立劇場)との共同事業として、
・第26期歌舞伎俳優研修(2年目)
・第27期歌舞伎俳優研修(1年目)
・第9期歌舞伎音楽(長唄)研修(1年目)令和7年3月修了予定
・第25期歌舞伎音楽(竹本)研修(1年目)令和6年3月修了予定
・第18期歌舞伎音楽(鳴物)研修(1年目)令和6年3月修了予定
以上の研修に講師派遣を行う。

(2) 伝統的な歌舞伎の技芸の研修及び研究会、発表会等の開催に関する事業

伝承者養成事業(既成俳優の研修事業)については、従来通り、次の4種類とする。

  1. 長唄(唄・三味線)、鳴物(囃子)、竹本(義太夫語り)
  2. 日本舞踊
  3. 歌舞伎の演技、せりふ術、芸話、講義
  4. 立廻り

また、名題および名題下俳優が自主的に行う日本舞踊や歌舞伎音楽の稽古に対して、補助金を出すことで伝承者の技芸の充実をはかる。
昨年はコロナ禍により開催できなかったが、令和4年度は、可能であれば国立劇場などの歌舞伎公演の合間に研修を行い、その成果を発表する「研修発表会」を年1~2回程度開催する。研修課題の演目と配役等は実施月の劇場出演理事を中心に決定する。

(3) 伝統的な歌舞伎に関する調査研究と記録作成及びその成果の公表に関する事業

歌舞伎専門月刊誌「演劇界」は、1907年(明治40年)に創刊された雑誌「演芸画報」を母体として、1943年(昭和18年)に創刊された長い歴史をもつ。その「演劇界」が、本年3月で休刊した。同誌はこれまで、毎月の各劇場の舞台記録写真と劇評、巻末に公演記録資料を掲載してきており、歌舞伎俳優や演奏家はもとより、関係業者やなどにとっても、記録資料として欠かすことのできない重要な存在だった。
今後、歌舞伎の技芸の伝承のために、本保存会が毎月の歌舞伎等の公演の記録を集め保存する事業を行うことができるか、具体的な方策を検討する。

(4) 伝統的な歌舞伎を普及させるための事業

毎年の夏休みに実施してきた「小学生のための歌舞伎体験教室」は、昨年度はコロナウイルス感染拡大防止のため、規模を縮小して実施した。令和4年度もまだコロナ禍が収束するかどうか、予断を許さない状況であるが、可能であれば実施する方向で準備をすすめる。
対象は、公募による首都圏の小学生(4,5,6年生)希望者とし、プログラムは参加児童が歌舞伎の楽しさと伝統芸術としての魅力を体験できるよう、従来の内容を継承しながら、一部見直して作成する。具体内容は、国立劇場の大稽古場などを借りての結髪の見学や義太夫の体験、立廻りにふれる等のプログラムと並行して、『盲長屋梅加賀鳶-木戸前』の本読みから実技までの体験を行い、最後日に国立劇場小劇場で発表会を行う。
(独)日本芸術文化振興会(国立劇場)の協賛、松竹株式会社と(公社)日本俳優協会の協力を要請する。

(5) 「かぶき手帖」2023年版の刊行

『かぶき手帖』2023年版を、日本俳優協会、松竹(株)との共同出版事業として、2023年1月2日発行をめざして準備を進める。