伝統歌舞伎保存会について

事業と財務

平成29年度 事業報告
 
平成30年度 事業計画
  【平成30年度正味財産増減予算書】

I.平成29年度 事業報告

(平成29年4月1日~平成30年3月31日)

【I】歌舞伎の技芸の研修と伝承者養成

(1) 新人研修(国立劇場の養成事業)

日本芸術文化振興会(国立劇場)との協同事業として講師派遣などを行った。
平成29年度に実施した研修
・第 23 期歌舞伎俳優研修 1年目(2年間)
・第 23 期歌舞伎音楽(竹本)研修 1年目(2年間)
・第 16期歌舞伎音楽(鳴物)研修 1年目(2年間)
・第 7 期歌舞伎音楽(長唄)研修 2年目(3年間)
保存会は、国立劇場養成課と連携して、役員によるレクチャーを含め、カリキュラムの内容の充実を進めた。

(2) 伝承者養成事業(既成俳優の研修事業)

当年度は歌舞伎公演が増えたため、既成者研修を実施する機会を設けることができなった。来年度の課題とする。

(3) 稽古費用等補助

名題および名題下俳優を対象に、各自が自主的に参加する日本舞踊と歌舞伎音楽(長唄、鳴物、竹本、常磐津、清元ほか)の稽古費用の一部を研修手当として補助した。延べ34名、支給総額は183万5千円であった。

(4) 研修発表会の開催

第20回伝統歌舞伎保存会研修発表会(平成29年10月21日 国立劇場大劇場)
 担当理事:片岡仁左衛門理事
 「一谷嫩軍記」熊谷陣屋・「お楽しみ座談会」

第21回伝統歌舞伎保存会研修発表会(平成29年12月22日 国立劇場大劇場)
 担当理事:中村吉右衛門理事
 「お楽しみ座談会」・「本朝廿四孝」十種香・狐火

上記の研修を行い、その成果を見せる発表会を2回開催した。

(5) 研修発表公演、勉強会への協賛

日本芸術文化振興会(国立劇場)が主催する研修発表公演「第23回 稚魚の会・歌舞伎会合同公演」(8/16~20)、「第19回 音の会」(8/11~12)、「第27回 上方歌舞伎会」(8/24~25)に協賛した。

【II】資料収集整理(記録作成と保存)

会員(歌舞伎俳優)のプロフィール(芸歴、実績など)のデータ管理を行った。
また、平成28年に刊行した『歌舞伎に携わる演奏家名鑑』は現役の歌舞伎音楽演奏家を掲載していたので、その続編として、戦後(昭和20年以降)に歌舞伎公演で活躍した演奏家(竹本、長唄、鳴物、常磐津、清元、新内、三曲)の物故者を掲載する『演奏家名鑑 物故者篇(仮題)』を刊行するため、取材のためのインタビューや座談会を行い、また基本資料と参考文献を収集整理するなどの調査活動を行った。

【III】普及事業

(1) 「小学生のための歌舞伎体験教室」

対象は、公募による首都圏の小学生(4、5、6年生)希望者。プログラムは、参加児童が歌舞伎の楽しさと伝統芸術としての魅力を体験できるものとした。

  1. 「体験教室」ガイダンスと浴衣の着付け、立ち居振る舞いのお稽古(7/2)
  2. 国立劇場の七月歌舞伎鑑賞教室公演「一條大蔵譚」を観劇したあと、国立劇場の舞台機構の体験(7/8)
  3. 江戸東京博物館ホールで「歌舞伎ワークショップ」開催(7/30)
  4. 国立劇場の稽古場で歌舞伎の実技と歌舞伎音楽の楽器などの体験(8/2~8/6)
  5. 「寿曽我対面」の舞台稽古と発表会(8/7~8/8)

以上の事業は(独)日本芸術文化振興会、松竹株式会社、(公社)日本俳優協会の協力を得て、文化庁「次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」の委託事業として行った。

(2) 『かぶき手帖2018年版』の刊行

平成30年1月2日付で、公益社団法人日本俳優協会、松竹株式会社との共同事業として、『かぶき手帖2018年版』を刊行した。

(3) 伝統歌舞伎保存会ホームページのリニューアル

歌舞伎の技芸の継承のための本保存会の活動をひろく一般に広報するためのコンテンツの充実と、当法人の情報公開などのために、ホームページの充実につとめた。

II.事業報告の附属明細書

特に記載する事項は無い。

平成30年度 事業計画

(平成30年4月1日~平成31年3月31日)

【基本方針】

本保存会が一般社団法人へ移行してからの定款に定められた事業は、以下の通り。

第4条 この法人は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。

  1. 伝承者の養成に関する事業。
  2. 伝統的な歌舞伎の技芸の研修及び研究会、発表会等の開催に関する事業。
  3. 伝統的な歌舞伎に関する調査研究と記録作成及びその成果の公表に関する事業。
  4. 伝統的な歌舞伎に関する資料の収集整理に関する事業。
  5. 伝統的な歌舞伎を普及させるための事業。
  6. その他この法人の目的を達成するために必要な事業。

上記の定款に則して、今年度に実施する具体的な事業は以下の通り。

(1) 伝承者の養成に関する事業。

日本芸術文化振興会(国立劇場)との共同事業として、
・第23期歌舞伎俳優研修(2年目。現在6名。来春修了予定)
・第23期歌舞伎音楽(竹本)研修(2年目。現在2名。来春修了予定)
・第16期歌舞伎音楽(鳴物)研修(2年目。現在1名。来春修了予定)
・第7期歌舞伎音楽(長唄)研修(3年目。現在2名。来春修了予定)
以上の研修に講師派遣を行う。

(2) 伝統的な歌舞伎の技芸の研修及び研究会、発表会等の開催に関する事業。

伝承者養成事業(既成俳優の研修事業)については、従来通り、次の4種類とする。

  1. 長唄(唄・三味線)、鳴物(囃子)、竹本(義太夫語り)
  2. 日本舞踊
  3. 歌舞伎の演技、せりふ術、芸話、講義
  4. 立廻り

また、名題および名題下俳優が自主的に行う日本舞踊や歌舞伎音楽の稽古に対して、補助金を出すことで伝承者の技芸の充実をはかる。
国立劇場などの歌舞伎公演の合間に研修を行い、その成果を発表する「研修発表会」を年2回程度、開催する。研修課題の演目と配役等は、実施月の劇場出演理事を中心に、委員会方式で決定する。

(3) 伝統的な歌舞伎に関する調査研究と記録作成及びその成果の公表に関する事業。

歌舞伎座における歌舞伎公演の舞台記録ビデオは、昭和47年(1972)1月より始まり、現在までに約2,800本が保存されている。この貴重な映像記録をデジタル化して保存する事業を、松竹株式会社と協議して進める。デジタル化された映像記録はハードディスク等に収めて永久保存の方策を確保するとともに、歌舞伎座楽屋の資料閲覧室で公開し、本保存会理事と会員、および関係者(登録制)の参考資料として活用する。

(4) 伝統的な歌舞伎に関する資料の収集整理に関する事業。

本保存会は、平成22年に『歌舞伎音楽演奏家名鑑-昭和二十年から現代まで』を刊行した。この報告書では、現役演奏家と物故演奏家が混在していたが、現役演奏家については平成28年度に、より詳しい『歌舞伎に携わる演奏家名鑑-平成28年版』を刊行している。それに比して、物故または引退した演奏家で、歌舞伎音楽の伝承に大きな貢献をした演奏家については、十分な資料が揃っているとは言いがたい。そこで、戦後から現在までに歌舞伎公演で重要な役割を果たした演奏家と、歌舞伎の技芸の保存継承に大きな貢献をした演奏家について、より具体的な功績とプロフィールを調査し、『戦後歌舞伎の名演奏家たち』(仮称)として刊行するための調査にとりかかることとする。

(5) 伝統的な歌舞伎を普及させるための事業。

文化庁の「次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」の一事業として、文化庁から委託を受け、「小学生のための歌舞伎体験教室」を今年度も実施する。
対象は、公募による首都圏の小学生(4,5,6年生)希望者とする。プログラムは、参加児童が、歌舞伎の楽しさと伝統芸術としての魅力を体験できるよう、従来の内容を見直しつつ考案する。
具体内容は以下の通り。(1)国立劇場大劇場での「歌舞伎鑑賞教室」公演の観劇と舞台機構の体験、(2)日本橋公会堂で開催する歌舞伎ワークショップ、(3)それに続く「体験教室」では、国立劇場の稽古場を利用して日本の伝統的な音楽や楽器にふれる等のプログラムと並行して歌舞伎実技の体験などを行い、最後に国立劇場小劇場で発表会を行う。(独)日本芸術文化振興会(国立劇場)、松竹株式会社、(公社)日本俳優協会の協力を要請。

(6) 「かぶき手帖」2019年版の刊行

『かぶき手帖2019年版』の刊行については、(公社)日本俳優協会、松竹株式会社との共同出版事業として、平成31年1月2日発行とする。

(7) 領収書発行システムのバージョンアップ

支払調書発行作業を簡略化する目的で、入力規制の手直し、宛名印刷機能の追加等の改良を行う。