伝統歌舞伎保存会

13日(木) 発表会

9:30〜13:20
「小学生のための歌舞伎体験教室」発表会 第一部
●発表会 1・2班

●「体験教室」の授業内容の紹介、子どもたちの体験の報告
●講評と修了証書授与式

13:30〜17:20
「小学生のための歌舞伎体験教室」発表会 第二部
●発表会 3・4班

●「体験教室」の授業内容の紹介、子どもたちの体験の報告
●講評と修了証書授与式

 

【講師・協力スタッフ】

中村梅玉、中村魁春

市川團蔵、中村歌昇、中村芝雀、中村時蔵
市川右之助、中村松江、中村梅枝、中村種太郎

嵐橘三郎 ほか

鳥羽屋里長社中

田中傳左衛門社中

丹崎健一(つけ打ち)

竹柴正二(狂言作者)

日本演劇衣裳、松竹衣裳、東京鴨治床山、光峯床山、東京演劇かつら、藤浪小道具

国立劇場舞台技術部スタッフ、金井大道具、パシフィックアートセンター、宮本卯之助商店

 

 


大名の渡りぜりふで発表会が始まります

舞鶴が五郎・十郎を呼び出します

血気に逸る五郎を十郎が戒めます

 

工藤・近江・八幡。良いかたちできまります

盃を受ける十郎

血気盛んな五郎を十郎が諫めます

 

鬼王が友切丸を届けます

友切丸を見定める工藤

 

最後は全員で幕切れの見得を決めます

 

松江さんが舞台の合間にスライドで教室の様子を報告しました

 

修了式は舞台上で行われ、梅玉理事から御挨拶がありました

 

舞台から客席に手を振る児童たち

楽屋で一人一人に修了証書が手渡されました

 

修了証書を受け取ってにっこり

 

サイトに掲載された文章・情報・写真・画像等の著作権・著作隣接権・肖像権は、伝統歌舞伎保存会が管理しています。無断での複製、使用、改変は固くお断りいたします。