伝統歌舞伎保存会

平成19年度 小学生のための歌舞伎体験教室

▼教室のねらい▼

▼プログラム日程(予定)▼

▼参加ご希望の方は▼

 

総 監 修 中村雀右衛門
指導監修 中村梅玉
指導主任 市川團蔵、中村歌昇、中村芝雀、中村時蔵(50音順)
そのほか指導には、伝統歌舞伎保存会会員(重要無形文化財保持者)の俳優および歌舞伎音楽演奏家が責任をもって当たります。

 

 

平成19年度 小学生のための歌舞伎体験教室

主催:社団法人伝統歌舞伎保存会
助成:文化庁
協賛:独立行政法人日本芸術文化振興会(国立劇場)
協賛(8/8のみ)財団法人 東京都歴史文化財団 江戸東京博物館
協力:松竹株式会社・社団法人日本俳優協会

 

■教室のねらい

 (社)伝統歌舞伎保存会は、歌舞伎の俳優、演奏家および狂言作者で構成された団体です。小学生に歌舞伎に親しんでもらうために、平成15年度から小学校高学年の希望者を対象に、「小学生のための歌舞伎体験教室」を開催しています。感受性の豊かな小学生たちに、総合芸術である歌舞伎の演技や音楽、扮装や化粧などを実際に体験してもらい、その身体と感性を通して、日本人が長い歴史の中で培ってきた歌舞伎の素晴らしさにふれてもらおうとするものです。

 

 

■プログラム日程(予定)

 

 

鑑賞教室:Aコース・Bコース

7月8日(日)14:30〜 (終了予定 17:30)

国立劇場大劇場(地下鉄「半蔵門」駅徒歩5分/地下鉄「永田町」駅徒歩10分)

・歌舞伎鑑賞教室『歌舞伎のみかた』『新版歌祭文』観劇
・終演後バックステージツアー

 

※公演の詳しい内容はこちら

 

ワークショップ:Aコース・Bコース

8月8日(水)14:00〜 (終了予定 15:00)

江戸東京博物館ホール(JR総武線・都営大江戸線「両国」駅徒歩3分)

・歌舞伎の楽しさにふれる

 

体験教室:Bコースのみ

7月16日(月祝) 10:00〜ガイダンス (終了予定 12:30)

会場=国立劇場 伝統芸能情報館

・体験教室についての説明

・浴衣の着方練習

※『寿曾我対面』の配役により、この日の午後に鬘あわせを行う場合があります。


8月10日(金)〜14日(火) 10:00〜12:00

会場=国立劇場大稽古場

・歌舞伎『寿曾我対面』の実習

・歌舞伎にまつわる体験プログラム(日替り)


8月15日(水)・16日(木) 9:30〜 (終了予定 15:00)

国立劇場小劇場

・歌舞伎『寿曾我対面』舞台稽古・発表会

 

参加ご希望の方は ※参加申込の受付は終了しました。

■応募資格

●小学4・5・6年生の児童
(1)保護者の承諾と、保護者の同伴が可能な方。
 (鑑賞教室とワークショップは、児童1名と保護者1名のペアでご参加ください)
(2)各コースのプログラムの全日程に参加可能な方。

 

■募集人数および参加費用

◆Aコース………130名
5,000円 (ワークショップ参加費・鑑賞教室チケット代含む)
◆Bコース………60名
6,500円 (ワークショップ参加費・鑑賞教室チケット代・スポーツ安全保険料・教材費含む)
*参加申込者が募集人数を超えた場合は、厳正な抽選を行います。

 

■応募方法

●官製ハガキに
  1) 希望コース(AコースかBコース)
2) 参加児童の氏名(ふりがな)
3) 性別
4) 身長
5) 学校名・学年
6) 同伴保護者の氏名(ふりがな)
7) 続柄
8) 郵便番号・住所
9) (日中連絡のとれる)電話番号
10) FAX番号
 を明記して、下記の伝統歌舞伎保存会までお送りください。

 

■応募締切

2007年5月14日(月)必着。

 

■ハガキ宛先・お問合せ

社団法人伝統歌舞伎保存会
〒102-8656 東京都千代田区隼町4-1国立劇場内
電話 03-5212-1243(直通/月曜〜金曜、10:30〜17:00)
FAX 03-5212-1244
Mail info@kabuki.or.jp

 

 

 

 

 

サイトに掲載された文章・情報・写真・画像等の著作権・著作隣接権・肖像権は、伝統歌舞伎保存会が管理しています。無断での複製、使用、改変は固くお断りいたします。