お知らせ

新着情報

(2015年03月13日)
中村歌六に芸術選奨文部科学大臣賞

平成26年度(第65回)の芸術選奨受賞者(文部科学大臣賞18名、文部科学大臣新人賞11名)が発表され、伝統歌舞伎保存会監事・日本俳優協会監事の歌舞伎俳優・中村歌六が文部科学大臣賞(演劇部門)を受賞することが決定しました。

芸術選奨は昭和25年度から続く歴史ある賞で、文化庁の顕彰制度のひとつです。演劇・映画・音楽・舞踊・文学・美術・放送・大衆芸能・芸術振興・評論等・メディア芸術の11分野において、その年に優れた業績をあげ新生面を開いた人に文部科学大臣賞、同じくそれらの分野において新人として活躍が認められた人に文部科学大臣新人賞が贈られます。歌六は平成26年12月国立劇場『伊賀越道中双六―岡崎』の山田幸兵衛などで芸力充実の最高級の芸を見せたことが受賞理由となりました。
他に歌舞伎の関係者では、清元節浄瑠璃方の清元美寿太夫が音楽部門で受賞します。

贈呈式は3月18日(水)午後4時から、東京・平河町の都市センターホテルで行われます。

※今回の受賞者の一覧は、文化庁のホームページでご覧ください。
※芸術選奨の歴代受賞者はこちら、文化庁の顕彰制度についてはこちらをご覧ください。