普及活動

小学生のための歌舞伎体験教室

2019年 小学生のための歌舞伎体験教室

7月6日
鑑賞教室+舞台機構の体験
7月14日
体験教室のガイダンス+浴衣の着付教室 New!
7月14日
鬘(かつら)あわせ New!

歌舞伎鑑賞教室+舞台機構の体験 7月6日(土)

会場 = 国立劇場大劇場

国立劇場の歌舞伎鑑賞教室・解説『歌舞伎のみかた』と『菅原伝授手習鑑 -車引-』『棒しばり』を観劇しました。この日の参加者は児童と保護者合わせて400名。
終演後は「舞台機構の体験」。まず、児童が舞台に上がると、登場したのは『菅原伝授手習鑑 -車引-』で舎人松王丸、『棒しばり』で次郎冠者を演じていた尾上松緑さん。「歌舞伎はエンターテイメント、難しいことを考えずに楽しんで観てください。」というご挨拶に大きな拍手が起きました。そして国立劇場舞台技術部スタッフの解説を聞きながら、照明・音響・舞台の機構や効果・技術を体験しました。

ガイダンス+浴衣の着付教室 7月14日(日)

会場 = 国立劇場 伝統芸能情報館

「Bコース」の参加者全員でガイダンス。6日間のカリキュラムの説明の後、発表会で上演する『寿曾我対面』の主人公・曾我兄弟のお話や、登場人物の役柄の説明を聞きました。
その後、浴衣の着付、立居振舞のお稽古を行いました。立居振舞の稽古では、浴衣を着て立ったり座ったり、扇子の扱いを習ったりと、これからはじまる教室に向けて、皆一生懸命でした。

鬘(かつら)あわせ 7月14日(日)

会場 = 東京演劇かつら株式会社

『寿曾我対面』の発表会に向けて、配役ごとに〈鬘あわせ〉を行いました。歌舞伎の鬘は、頭の形にあわせて銅の台金(だいがね)で土台をつくり、毛髪を植え込んだ羽二重(はぶたえ)をそれに貼って完成させます。髪型を結い上げるのは床山(とこやま)さんの仕事です。子供たちは、初めての羽二重姿に照れながらも、体験教室への期待に胸を躍らせている様子でした。