伝統歌舞伎保存会について

役員一覧

坂東玉三郎 ばんどう たまさぶろう

代数
五代目
本名
守田 親市 もりた しんいち
生年月日
昭和25年(1950)4月25日、東京に生まれる。
公式ホームページ
http://www.tamasaburo.co.jp/

芸歴

昭和32年(1957)12月 東横ホール「寺子屋」の小太郎で坂東喜の字を名乗り初舞台。
昭和39年(1964)6月 十四代目守田勘弥の養子となり、歌舞伎座「八代目市川團十郎」のおみよ、「心中刃は氷の朔日」のおたまで五代目坂東玉三郎を襲名。
昭和57年(1982)6・7月 アメリカ公演に参加。
昭和59年(1984)5月 アメリカ歌舞伎舞踊公演を行う。
昭和60年(1985)7・8月 アメリカ公演に参加。
昭和61年(1986)6月 フランス公演に参加。
平成元年(1989)10月 ヨーロッパ公演に参加。
平成3年(1991)10月 イギリス公演に参加。
平成3年(1991)11月 台湾文化大学名誉文学博士号を受ける。
平成4年(1992) 映画「外科室」「夢の女」監督。
平成4年(1992) ワイダ監督、映画「ナスターシャ」主演。
平成7年(1995) 映画「天守物語」監督・主演。

受賞歴

昭和45年(1970)度 芸術選奨新人賞
昭和46年(1971) ゴールデンアロー賞
昭和46年(1971) 名古屋演劇ペンクラブ特別賞
昭和49年(1974)4月 重要無形文化財保持者(総合認定)に認定される。
昭和51年(1976) 「マクベス」で名古屋ペンクラブ年間賞
昭和53年(1978) ゴールデンアロー賞
昭和56年(1979)3月 第2回松尾芸能賞優秀賞
昭和59年(1984)度 都民文化栄誉章
平成3年(1991)9月 シュバリエ勲章
平成5年(1993)3月 ジャン・コクトー国際賞
平成9年(1997) モンブラン・デ・ラ・キュルチュール賞
平成9年(1997)度 「壇浦兜軍記」の阿古屋、「籠釣瓶花街酔醒」の八ツ橋、「加賀見山旧錦絵」の尾上の演技で、第39回毎日芸術賞
平成9年(1997)度 「壇浦兜軍記」の阿古屋、「籠釣瓶花街酔醒」の八ツ橋、「加賀見山旧錦絵」の尾上、「夕鶴」のつうの演技で、第5回読売演劇大賞最優秀男優賞
平成21年(2009) 第57回菊池寛賞
平成23年(2011)6月 第27回京都賞
平成24年(2012) 重要無形文化財保持者(個人指定)に認定される
平成25年(2013)2月 フランス文化省より芸術文化勲章コマンドゥール(Commandeur des Arts et Lettres)が贈られる
平成26年(2014)4月 紫綬褒章
平成27年(2015)度 日本芸術院賞

職歴

平成4年(1992) 社団法人伝統歌舞伎保存会理事
平成25年(2013) 一般社団法人伝統歌舞伎保存会理事

著書・参考資料

昭和51年(1976)7月 『真夜中のノート』(サンリオ)
年(   ) 『玉三郎の邦楽ジョッキー』(日本放送出版協会)

写真集

昭和47年(1972)6月 『女形玉三郎』(撮影 篠山紀信 講談社)
昭和52年(1977)11月 『玉三郎』(婦人画報社)
昭和54年(1979)10月 『坂東玉三郎ひかりの中で』(松竹)
昭和56年(1981)2月 『坂東玉三郎-冬のヨーロッパ古都を歩いて』
昭和58年(1983)4月 『坂東玉三郎ONNAGATA』(平凡社)
昭和59年(1984) 『玉三郎舞台の夢』(須永朝彦共著、新書館)
昭和63年(1988) 『坂東玉三郎の世界』(篠山紀信撮影、朝日新聞社)
平成5年(1993)5月 『監督坂東玉三郎・夢の女』(NTT出版 写真 岸野正彦)
平成5年(1993) 『山鹿八千代座・坂東玉三郎華麗に舞う』(萩原朔美監修、NTT出版)
平成6年(1994)5月 『ナスターシャ』(ぴあ)
平成9年(1997)4月 『坂東玉三郎の宇宙』(月刊ダンスマガジン増刊・新書館)
平成10年(1998)12月 『坂東玉三郎舞台写真集』(福田尚武撮影、朝日ソノラマ)

ビデオ・DVD作品集

平成4年(1992) 『坂東玉三郎舞踊集』10巻(増進会出版社)
平成7年(1995) 『ナスターシャ』(アンジェイ・ワイダ監督、コムスコック発行 朝日新聞社販売)
年(   ) 『東京蜃気楼』(イメージファクトリー・アイエム)
平成15年(2003)1月 DVD『坂東玉三郎舞踊集1』京鹿子娘道成寺(松竹)
平成15年(2003)6月 DVD『坂東玉三郎舞踊集2』鷺娘(松竹)